Works

色数をなるべく少なくし、シンプルで強いビジュアルになるように意識しました。 あのキイロのポスター見たよ!という反響がある程、目立ちとても好評でした。